サイレン。 | 金沢市周辺の不動産をお探しならマルセ実業株式会社にお任せ下さい。

金沢市の不動産物件情報はマルセ実業株式会社

076-268-4123

営業時間AM8:30~PM7:00 定休日無(お盆・年末年始休み)

日記
サイレン。

今年の夏の甲子園!!

北信越勢の快進撃が続いておりますが、先日小4の甥っ子とTV観戦。

お決まりの「うーーーっ」とサイレンのマネをしてました(笑)

私も小さい頃マネしたなぁと思いながら、ふと、あのサイレンについて少し調べてみました。

以下はネットで見つけたものをそのまま貼ります。

 

 

試合前のシートノック、プレーボール、ゲームセット、そして、8月15日の正午。
ウグイス嬢の手によって小さな四角いボタンが押される。
「押すときは緊張します。遅れないように、球審の手を見ながら」。
代々受け継がれるコツがある。
たとえば、試合開始と終わりは「ゆっくり7秒」。
1、2、3…心の中で唱えながら、指先に力を込める。
練習の成果を出せますように。エラーで試合が決まりませんように。

甲子園にサイレンが鳴るのは、主に春と夏の高校野球だけだ。
プロ野球の試合では使われていない。
高校野球草創期の、ラジオ中継すらない時代。
始まりと終わりを知らせるには、大きな音を出すしかなかった。
次の試合に備える応援団、お弁当屋さん、駅員…
球場にかかわるすべての人が、あの音を頼りにしていた。

しかし、サイレンが鳴らない時代があった。
昭和12年の第23回大会は戦乱が始まった直後に開会。
試合の開始、終了はサイレンに代わる進軍ラッパが知らせた。
戦火は次第に拡大。
4年後の地方大会は、期間中に文部省(当時)の通達で中止される。
サイレンはおろか、球音まで消えてしまった。
甲子園球場は今春、3期に及ぶ改装工事が終わり、大きく生まれ変わった。
それでもサイレンは、以前から使っていたものを引き継いだ。
「今のは4代目か5代目。銀傘が大きくなったからか、音が変わったのではと言われますが、変わってません」と、サイレンを製造する阪国電機(兵庫県西宮市)の柿木正美会長(84)。
操作室の裏には、もう一つのサイレンが置いてある。
「予備も納入してます。高校野球の大会中に鳴らなくなったらアカンでしょう」
球音もサイレンも、もう途切れない。途切れさせない。


そんな深い想いがあるとは…星稜頑張れ!!長文ですみませんm(__)m

投稿日:2014/08/19   投稿者:古木 徹臣
過去の投稿