将棋サロンに現れたのは?

橋本八段サイン
最近将棋にハマってしまい、小松の将棋サロンに顔を出すようになりました。

皆さん強くて、最初はとんでもないところに来てしまった感があったのですが、結果はさておき、だんだん顔を覚えていただけるようになってきました。

 

先月のある日、閉店間際に入ってきたのは、なんとプロ棋士の橋本崇載八段!

橋本八段は小松市生まれで、実力者でありながらサービス精神旺盛な棋士としても知られています。

イベント後で疲れていた上に、飛行機の乗るまでの時間がわずかでしたが、橋本八段は私のサインのお願いに快く応じてくれました。サインには大きく「大局観」と書いてくれました。

「大局観」とは、将棋などのボードゲームで時々使われる言葉で、広い視野と長期的な視点で物事をとらえるといった意味になるでしょうか。

橋本八段のような「大局観」を身に着けることは無理そうですが、サービス精神は見習いたいものです。

投稿日:2015/11/13   投稿者:番匠 誠一郎