日記一覧 | 金沢市周辺の不動産をお探しならマルセ実業株式会社にお任せ下さい。

金沢市の不動産物件情報はマルセ実業株式会社

076-268-4123

営業時間AM8:30~PM7:00 定休日無(お盆・年末年始休み)

日記

昨日、お休み頂きまして、行って来ました『ナゴヤドーム』。中日ドラゴンズの燃えドラデーに

なんと言っても、青いユニホーム(レプリカなんですが)が入場するだけでタダで貰えるんですよ。(入場チケットは有料)

かっこいいでしょ。

これを着て応援しようと思ったんですが、いつもの格好(山本昌選手のレプリカ)で応援をしようと準備を整えた時、

『昌さん』と呼ぶ声に思わず振り返ったら、元中日ドラゴンズの選手・コーチをしてみえた川又さんがニコニコしながら

手招きしてくれて思わずツーショット。川又さんはニコニコしてるけど現役時代は、厳しい顔で「代打の切り札」として

活躍された方です。不肖私も「マルセの切り札」となるべく、日々精進していきたいと・・・。がんばろう。

川又さんから、「今度の火曜日に神宮で『昌さん』が先発するよ。昼に会って来たから」と内緒の情報も頂き、

今日はツイてる。と思ったのに、試合は負けて、ドーム出てきたら雨に降られて・・・。でも今日は良かった。

また、『ナゴヤドーム』に応援に行くぞ!(6位でない限り)

投稿日:2014/08/30   投稿者:中野 元嗣

私はコーヒー好きで、正確にカウントしていないが、1日10杯は飲んでいると思います。そんなコーヒー好きの私から、話題を。

①セブンイレブン

セブンイレブンのコーヒー抽出マシーンには(R)レギュラーと(L)ラージの選択ボタンがあり、各々100円/杯と180円/杯。因みに、レジでお金を払ったあと、自ら抽出するので、仮にレギュラーのお金を払って、ラージのボタンを押しても店員には分らない。よって、今回レギュラーのカップにラージの容量が収まるかどうかの実験をしてみました。(※因みに、ラージの料金を支払い、店員の許可を得た上でのセブンイレブンとのコラボ企画です。)

結果は写真の通り、見事にレギュラーのカップにラージの容量が入りました!!あくまでも実験であり、黙って行なえば犯罪ですので、くれぐれもなされません様に!!

投稿日:2014/08/24   投稿者:藤井 敏樹

②スターバックスコーヒー

スターバックスでは、色々なフレーバー等のコーヒーを飲み、純粋なドリップコーヒーを飲むことは少ないかも知れませんが、純粋なドリップコーヒー(店頭では今日のコーヒーと表示してある)を注文すると、レシートの下部に2杯目無料の表記がされ、その日の内なら2杯目がタダになります。(但し、他のスターバックスの店で2杯目を注文すると100円必要)

朝一杯コーヒーを飲んで、夕方にもう一杯飲んでも、一杯分の代金でOK!!とのお得な情報です。(ホット・アイスいづれも可)

こちらは合法ですので、皆さん試してみて下さい。

投稿日:2014/08/23   投稿者:藤井 敏樹

8/13暑い日が続く中、大汗をかいている次男を見て少しでも涼しくと思い、

私が手にしたのは「電動バリカン」。

いつも長男の頭はバリカンで刈ってはいるのですが、次男の頭は今回が初。

目指すは「ソフトモヒカン!」

スタートから3分後・・・襟足・モミアゲ刈り過ぎで「ツーブロック」OK、OK。

更に3分後・・・トップ刈り過ぎで「スポーツ刈り」んっ・・・OUT?修正、修正・・

更に3分後・・・前髪のみ残しで「昔のブラジル代表ロナウド」・・・完全にOUT!!

最終的に「虎刈りの坊主」でゲームセット!マルコメ君カットで完成。

お墓参りの似合うヘアースタイルに変身。結果オーライ。

ただ、心が痛むのはなぜだろう・・・しばらくはバリカンを使わないことを誓う私でした。

 

 

投稿日:2014/08/20   投稿者:出戸 健一

今年の夏の甲子園!!

北信越勢の快進撃が続いておりますが、先日小4の甥っ子とTV観戦。

お決まりの「うーーーっ」とサイレンのマネをしてました(笑)

私も小さい頃マネしたなぁと思いながら、ふと、あのサイレンについて少し調べてみました。

以下はネットで見つけたものをそのまま貼ります。

 

 

試合前のシートノック、プレーボール、ゲームセット、そして、8月15日の正午。
ウグイス嬢の手によって小さな四角いボタンが押される。
「押すときは緊張します。遅れないように、球審の手を見ながら」。
代々受け継がれるコツがある。
たとえば、試合開始と終わりは「ゆっくり7秒」。
1、2、3…心の中で唱えながら、指先に力を込める。
練習の成果を出せますように。エラーで試合が決まりませんように。

甲子園にサイレンが鳴るのは、主に春と夏の高校野球だけだ。
プロ野球の試合では使われていない。
高校野球草創期の、ラジオ中継すらない時代。
始まりと終わりを知らせるには、大きな音を出すしかなかった。
次の試合に備える応援団、お弁当屋さん、駅員…
球場にかかわるすべての人が、あの音を頼りにしていた。

しかし、サイレンが鳴らない時代があった。
昭和12年の第23回大会は戦乱が始まった直後に開会。
試合の開始、終了はサイレンに代わる進軍ラッパが知らせた。
戦火は次第に拡大。
4年後の地方大会は、期間中に文部省(当時)の通達で中止される。
サイレンはおろか、球音まで消えてしまった。
甲子園球場は今春、3期に及ぶ改装工事が終わり、大きく生まれ変わった。
それでもサイレンは、以前から使っていたものを引き継いだ。
「今のは4代目か5代目。銀傘が大きくなったからか、音が変わったのではと言われますが、変わってません」と、サイレンを製造する阪国電機(兵庫県西宮市)の柿木正美会長(84)。
操作室の裏には、もう一つのサイレンが置いてある。
「予備も納入してます。高校野球の大会中に鳴らなくなったらアカンでしょう」
球音もサイレンも、もう途切れない。途切れさせない。


そんな深い想いがあるとは…星稜頑張れ!!長文ですみませんm(__)m

投稿日:2014/08/19   投稿者:古木 徹臣
過去の投稿